オフィストヨオカ講師 豊岡厚恵の接客・接遇コラム

従業員への物の見方、考え方

リーダー、管理職の皆さんに対して、部下、スタッフの好ましくない態度や言動があると

その「物の言い方」や「態度」に反応してしまい、なかなかその時に相手の立場に立てないものです。

 

ここで、考えてほしいのです。

何故、そのような不適切な態度や言動をとったのか?

 

 

何故?

何故、そのような反発をしてきたり、好ましくない言動をとってくるのか?

 

そう相手(部下、スタッフ)のことを深く考えてみると、

腹が立つどころか、部下、スタッフが愛おしくなるはずです。

 

人は誰でも自分のことを分かってほしい、気にしてほしい、肯定されたい、などという

”承認の欲求”がありますが、

この、分かって欲しい!けど、

分かってもらえない、というもどかしさが そのような態度になっているのではないでしょうか。

 

上司だからわかってもらえる、助けてくれる、かばってくれる、気づいてくれる、

 

などと思う、スタッフ、従業員の『至らない自分』が出ているだけかもしれません。

良くない態度や言動に反応し腹を立てたりするのは、スタッフと対等になっているから。

 

そんなときに自分を確認して欲しいのです。

 

本当にスタッフを愛していますか?

育って欲しいと思っていますか?

 

◎人に育ってもらうということは自分が育つことです。