オフィストヨオカ講師 豊岡厚恵の接客・接遇コラム

「誉める」、「認める」、「励ます」

お客様に、自分以外の周囲の人に、喜んでいただくための意識が高まったら

必ずしなければいけないことがあります。

 

リーダーからの

「誉める」、「認める」、「励ます」

です。

 

せっかく何のために仕事をしているのか、という働く意味を見出し、

「喜んでいただくための自分を作るための実践」を始めたスタッフを、生かすも殺すも、あとは

リーダーの舵取りにかかってきます。

 

えっ!?

まだこれから・・・と思われませんでしたか?

 

スタッフを育てていくということは、リーダー自身が育つことです。

スタッフの成長を楽しみながら、わくわく感で是非トライしてほしいものです。

 

10年、20年のベテランスタッフであっても、

リーダーからの『コレ!』

がなければ、せっかく火が付いたモチベーションも一気に冷めてしまいます。

自分のした“良い実践”をわかってくれている、たまには見てくれている。

実践していることを知ってくれている。

 

ということがなければ、

 

親から見てもらえない、わかってもらえずしょんぼりする子供のように

その頑張っているプロセスを見てくれていない、知ってくれていないと、そのうちに、“良いことをしなくなる”んです。

 

そのために、リーダ-からの

「誉める」、「認める」、「励ます」

 

が必要なのです。

 

 

誉めるとは、先のコラムにも記しましたが

誉める気もないのに口先だけであったり、言葉だけの誉め方は逆効果。

 

スタッフの態度や動きがこれまでとは明らかに違う!とか

これまで以上に頑張っていることが見てわかる、と感じた時に、すぐさま具体的に言葉にして誉めるのです。

 

リーダーがスタッフの変化を喜び、感動を共有してあげることで、モチベーションは上がっていきます。

そして、引き続き継続できるよう、「励ます」のです。

そのリーダーの「誉める」「励ます」が原動力となって更なる良き行動へと繋がります。

 

その「誉める」「励ます」を続けるうちに、外部や他者からも誉められることが増え、良い循環が生まれます。

人から喜ばれる存在になっていくと

もう、リーダーが誉めなくても主体的に動けるスタッフへと成長しています。

 

スタッフ育ては同時にリーダーが育つことです。